昇段試験の付き添いに行ってきました

こんばんは

今日は、翔友会から2名の昇段試験受験者がいるため、桜井先生と一緒に試験会場にいってまいりました。

コロナ渦ということもあり、普段の昇段試験とは勝手が違っていました。

まず、2週間前から検温、直前の連絡で飛沫防止の観点から気合などの発生は無しなど異例づくしでした。

試験会場には、試験をする部屋と待機部屋があります。
普段は、私たちも待機部屋まで入ることができ、最終調整して試験をする部屋に送り出すのですが、今回は待機部屋に入れません。

また、建物内も道場から1名しか入館できないため、最終調整は寒空の下で😅

それでも、2人ともがんばってくれ、大きなミスもなく、昇段試験を終えることができました。

私たちが見た分には、合格していると思いますが、試験なので合否通知が来るまでは結果が分かりません。

試験に送り出すときは毎回思いますが、頑張っている姿を見ているだけに、合格してほしいと思います。